内臓脂肪を落して生活習慣病にかからない健康的な体を作る方法とは?

スポンサードリンク

内臓脂肪とはどんなものか?


 

私たちの体についている「脂肪」を「体脂肪」と言います。
体脂肪には、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があります。

内臓脂肪

皮下脂肪・・・皮膚の下についている脂肪。
体に必要なエネルギーを蓄えておく働き、体を保温する働きがあります。

内臓脂肪・・・腹筋の内側、内臓の周りについている脂肪。
内臓を正しい位置に保つ働き、衝撃から内臓を守る働きがあります。

内臓脂肪は、つきやすくて、落ちやすい脂肪です。
そのため内臓脂肪がつきすぎてしまったと感じたらすぐに落とせるため、遅すぎることはありません。

特に男性、閉経後の女性の体につきやすい脂肪で、加齢によりさらに貯まりやすくなっていきます。
男性は女性より筋肉が多いため、筋肉の熱源として必要なのです。
女性は内臓脂肪より皮下脂肪が多くなりやすいです。

昔運動をしていて今はほとんど体を動かさなくなった人、不規則な食生活をしている人、ダイエットでリバウンドをした人などはさらに内臓脂肪がつきやすい体となっています。

内臓脂肪はつきすぎると生活習慣病の原因となるため危険です。
「糖尿病」、「高血圧症」、「高脂血症」、「動脈硬化」などの危険があります。

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落としやすいので、食事の見直し、適度な運動によって燃焼できます。
内臓につくため外からはわかりにくいんです。
体脂肪計などで簡易的に知ることはできますが、詳しく知るためにはCTスキャンを撮るなどして画像診断をしなければいけません。

 

内臓脂肪の数値


内臓脂肪がどれくらいついていたら病気の危険性が高まるのか、数値にして表わすと、ウエストのサイズで知ることができます。
男性は85センチ以上、女性は90センチ以上あると、内臓脂肪が過剰に溜まっていると判断できます。

体脂肪計で、内臓脂肪を計ることができます。
内臓脂肪は目で見ることができないので、自分で知ることは難しいのですが体重計に乗るだけで数値として現れるため、自分の内臓脂肪レベルを知ることができます。

一般的な体重計で内臓脂肪レベルが計れるものもありますが、それ以外に体組成計として販売されているものならほとんどが内臓脂肪レベルを計ることができます。

具体的に自分の内臓脂肪を数値でわかったところで、それが一般的にいいのかわるいのか判断するための数値を紹介したいと思います。

一般的に大手メーカーが販売している体組成計では、次のように判断しています。
数値が「9」以下の場合は標準値。
「10」~「14」の場合:やや内臓脂肪が過剰気味なので、食事に気を配り、適度な運動をしましょう。
「15」以上の場合:内臓脂肪が過剰な状態なので、食事制限をして、積極的に運動をして減量してください。

内臓脂肪レベルは、たまに計るのではなく、定期的に計って健康管理していくことが大切です。
お腹周りがぽっこりしてきたと感じたら、自分の内臓脂肪を気に掛けるようにしましょう。

日本肥満学会では、「BMI」という数値で肥満判定をしています。
BMI=体重(kg)/<身長(m)×身長(m)>で計算できます。

BMIの数値が25以上ならば「肥満」となります。
さらにウエストが男性は85cm以上、女性は90cm以上だった場合には上半身肥満となり内臓脂肪がかなり溜まった肥満タイプということになります。

 

内臓脂肪レベル


体組成計などを使って自分の内臓脂肪を知ることができても、それを人と比較すること、一般基準と比較することはなかなかできません。
そこで内臓脂肪の基準を表すものとして「内臓脂肪レベル」があるのです。
見た目がスリムな人でも、内臓脂肪が少ないとは限らないのです。わたしが該当します(+_+)

皮下脂肪ならばお腹をつかむことで多少確認できますが、内臓脂肪はそうはいきません。
おおよその見当をつけることは、ウエストサイズを測ればわかります。

内臓脂肪レベルとは、内臓脂肪の面積を30段階に分けてレベル化したものです。
健康機器などを販売している、大手有名メーカーの「オムロン」が独自の推定式で算出しました。

・「内臓脂肪レベル1」–「脂肪面積10平方センチメートル」相当。

内臓脂肪レベルの数値が高いほど、内臓脂肪の面積が大きいことになります。
先ほども述べた通り、標準値はレベル1~レベル9までとなっています。
数値が低い方が健康体型なのです。
レベル10を超えると、メタボリックシンドロームの危険性が高まり、病気を引き起こす原因になると考えられています。

体組成計を使えば、内臓脂肪だけではなく、体脂肪率、筋肉率、体年齢、BMI判定なども知ることができます。
データを登録しておけば、自分の体の変化を経過として残すことができるため便利です。

自分の今の内臓脂肪レベルを知ることは、自分の体調管理をしていく上でとても大切なことです。
体組成計は、家電量販店などで購入できます。
積極的に日常生活に取り入れて、自分と家族の健康管理を行っていきましょう。

 

内臓脂肪 平均


内臓脂肪の年齢別の平均値を紹介します。
男性:20代「レベル6」、30代「レベル8」、40代「レベル9」、50代「レベル10」、60歳以上「レベル12」。
女性:20代「レベル3」、30代「レベル5」、40代「レベル4」、50代「レベル7」、60歳以上「レベル6.5」。

自分の内臓脂肪の数値を知り、数値が9以下の「7」だったから「標準」で安心というわけではありません。
同時に年齢別の平均値も見比べてみてください。

もしもあなたが20代の女性だとしたら、平均数値は「3」なのです。
20代にして50代女性の平均値になっているということはかなり問題です。

このように今の自分の現状を平均値も参考にして知ることが大切なのです。
平均値より大きな数値が出てしまった人は、がんばって内臓脂肪を減らす努力を始めなければいけません。

さらに20代、30代の人は平均値と同じ数値ならば安心ですが、40代以上の人は平均値と同じならば黄信号なので、今後の生活に気を配る必要があります。

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

年をとるごとに、内臓脂肪はつきやすくなり、落ちにくくなります。
レベル9以下が標準ですが、若いうちは「6」か「7」くらいを目標にするのがベストです。

30代、40代くらいまではできれば「9」以下を目標として、50代以上になったら「10」~「12」以内におさまるように努力しましょう。

「13」くらいになってしまったら、食生活の見直しと運動を積極的に取り入れてください。「15」以上だとすぐに病院へ行く必要があります。

 

 


 

ここでは内臓脂肪の概要を理解できたと思います。幸いにもわたしは平均値ギリギリですので、内臓脂肪をこれ以上貯めない努力をしたいと思います。

さて、次回は内臓脂肪を落すためのいろいろな方法を中心に紹介していきます。

 

チャップアップ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>