シミの種類を知って最適な対策方法でキレイになる方法とは?

スポンサードリンク

シミの種類と対策方法とは?


 

シミシミについて、基本的な知識を持っておかないと、せっかくの美容液も効果が出ないことが多いのです。化粧品の効果には個人差がありますが、シミ対策の場合は、シミのことをきちんと理解していないまま、間違った対処方法をしている方も多いです。

使っているうちにシミが消える美容液とは、一般に美白化粧品と呼ばれているものです。では、実際にどうすればよいのでしょうか?まず、いろいろな種類があるシミの中で、自分が消したいシミが、どの部類のものなのかを正しく理解し、さらに、美白成分についての知識を得て、その上で自分のシミに合った美容液を選ぶことが大切です。

美白化粧品にこだわる女性は多く、シミが消える美容液などのランキングも、雑誌やネットでよく出ていますよね。

顔に出来てしまったシミは、誰でも消したいと思うものです。化粧をすれば、ある程度、隠すことはできますが、すっぴんになった時に、やっぱりきれいなほうがいいですからね。

シミにはどのような種類があるのでしょうか?シミとは、一般に、皮膚にできてしまった肌の色の変化した部分のことを意味すると思っている方が多いでしょう。紫外線の影響などで、肌の色が一部、変色したものも確かにシミと呼びます。

人気の美白化粧品を使ってみても、なぜか、イマイチ、効果を感じられない方も多いでしょう。美白化粧品には、美白成分が入っていて、これは、厚生労働省が認可している成分であり、正しく使えば、シミが消える効果は高いと言えるでしょう。

すべてのシミが、紫外線の影響でできたものではありません。

医学的には、どのようなものがシミと呼ばれているですが、まず、老人性色素斑、脂漏性角化症、そばかす、炎症性色素沈着、肝斑、花弁上色素斑などがあります。

難しい表現ですが、ちょっと調べただけで6種類もあることがわかります。

自分のシミはこの中のどれなのか、それがわかれば、どのように対策すればよいのかが、はっきりしてきます。
シミが消える美容液にも、様々な種類がありますから、自分のシミに有効な化粧品を選べるきっかけになるでしょう。

また、シミの種類によっては、美白化粧品を使っても効果が期待できないシミなのかもしれませんね。そもそも、自分のシミは、美白化粧品で対処できるものなのかを見極めましょう。

最も大切なことは、シミがなぜ出来たのか、その原因を知ることです。当然ながら、原因がわかれば、適切な対処ができますから、お門違いな対処方法をずっと続けていて、なかなか効果が出ていないと嘆く方が減ってくることでしょう。

美白化粧品のなかでも、シミが消えるといわれている美容液などは、値段も高いものが多いです。せっかく高いお金をかけても、効果が出ないのであれば、もったいないことですからね。

シミが消えるとうたっている美容液を使って、シミを改善できる方もいれば、それよりも、レーザーなどで施術を受けるほうが効果的な方もいます。

例をあげますと、初期の段階である老人性色素斑、つまり、日焼けなどから起こる記憶ジミと呼ばれているものですが、これには美白化粧品が有効とされています。

また、肌あれによってできるシミ、炎症性色素沈着や、ぼんやりじみと呼ばれている肝斑、ソバカスなども、美白化粧品で改善されることでしょう。これらの場合は、シミが消える美容液などを使えば、対処できるでしょうが、他のシミの場合は、同じような美容液では効果は出ません。

通称でっぱりジミと呼ばれている脂漏性角化症は、表面が膨らんでいぼのようになっているシミで、黒っぽかったり、褐色だったりします。これは、シミというよりは、医学的に良性腫瘍と呼ばれているもので、そのまま放置し、紫外線にさらされ続けていると大きくなってしまう可能性があります。

この手のシミの場合、美白美容液などでは改善されないでしょう。
おすすめは、炭酸ガスレーザー施術、液体窒素を使った治療を行なうことです。

でっぱりは取れますが施術後も一般的なシミとして残る場合も多いそうです。
ですから、シミのお悩みを持つ方のなかでも、脂漏性角化症に該当する方は、美白化粧品を使い続けていても効果が出にくいことがわかります。

早めに皮膚科を受診して、適切な処置を受けることをおすすめします。
美白化粧品がどのシミにも有効である、どんなシミでも消えるというような勘違いをして、ひたすら使い続けている方も多いと思いますが、一度、自分のシミがどの部類に入るのかじっくりと観察してみると良いですね。

皮膚科を受診すれば、シミの種類もわかりますから、皮膚の病気ではなくても、医師に相談することもよいでしょう。

 


 

 

次回はシミの続きで炎症性色素沈着と老人性色素斑などを紹介します。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>