おいしい水がすぐ飲める ウォーターサーバーで後悔しない選び方とは?2

スポンサードリンク

ウォーターサーバーを使用するに当たり注意したいこと


 

index_img-02天然水など健康に良いおいしい水と考えられており、ウォーターサーバーに使用されていますが、実際に口に入るまでにはかなりの時間が経っています。

人気の度合いだけでウォーターサーバーを選んでいる人がいますが、その安全性をどう考えているのでしょうか。

ウォーターサーバーを使用する場合の注意について考えてみましょう。
まず、ボトルで配達された時点での水は何の問題もないでしょう。

その時点で問題があれば、メーカーの品質に関わるため、各社とも十分な品質管理を行っているはずです。
ただ、そのことを個人レベルでは確認するすべがありません。
人気メーカーの説明書を信用するしかありませんね。

ボトルをセットすると、後は使用していくだけですが、その水がどのくらいの期間でなくなるかも重要です。
空気に触れる部分から雑菌が繁殖する可能性があります。

もちろん、ウォーターサーバーの日々のお手入れをしておけば、ほとんど問題はありませんが、
現実的には毎日掃除をする人はほとんどいないと思います。
ですから、ボトルを交換する時に必ず掃除をすることをおすすめします。

それから、電気は付けたままとなりますから、配線に問題がないか確認しておくことも大切です。
意外と電気を消費しますから、熱を持つ可能性もあります。
タコ足配線で熱くなりすぎているかもしれません。

昼間は誰もいない家庭も多いですから、漏電による火災などが起きないよう配慮しておきましょう。
電気代がもったいないとコードを抜く人もいますが、水に雑菌が繁殖する原因となる可能性がありますから、
これは止めた方がいいと思います。

 

 

ウォーターサーバーのメリット


きれいで安全な水を飲みたいと思っている人は少なくありません。
都会では水道水だけはとても飲めないと感じてしまうのです。

このところ、関東地方は水道水がまずいと酷評されていましたのでだいぶ水質が改善されてきています。
ウォーターサーバーが人気を集めているのは、毎日飲んでいる水に注目が集まっているからです。
自分の健康や安全に対してお金を払うことは無駄にならないと思っているのでしょう。

ウォーターサーバーの人気は高いのですが、そのメリットを十分理解して、使用法を考えておかなければなりません。
大きなメリットとして、おいしくて安全な水が飲めること、重いボトルを買って運ぶ必要がないこと、冷水と温水がいつでも飲めることなどでしょうか。

ただ、安全な水はメーカー側に依存していますから、自分で判断できることではありません。
メーカーが公開している分析結果などをチェックすることが重要と思います。

また、ボトルは宅配されることが一般的ですが、サーバーに取り付ける時には抱えなければならない場合もあります。
お年寄りや体の弱い方には無理な作業になる場合があります。
ですから、ウォーターサーバーの構造を確認しておくことが重要です。

ウォーターサーバーの水を利用して料理をすると味が違うと言われます。
どこまで実感できるかはわかりませんが、試してみる価値はあるでしょう。

これらのメリットを実感するには、サーバーのメンテナンスなどを欠かさないようにしなければなりません。
メンテナンスには、自分でできる場合と業者に依頼する場合があります。

お金がもったいないと思って放置している人もいますが、雑菌の繁殖の原因となりますから、注意が必要ですね。

せっかくのおいしい水が雑菌で汚染されていることになると本末転倒ですね。

 

 

ウォーターサーバーの情報


最近注目されているウォーターサーバーですが、どのようメリットがあるのでしょうか?
インターネットではたくさんの比較サイトがあります。

どのメーカーが人気なのかを知ることは重要ですが、実際に使用してみなければわからないこともたくさんあります。
まずは情報を集めることから始めましょう。

人気が高いウォーターサーバーはどのような特徴を持っているのか。
その特徴はあなたが求めているものなのか。
十分に検討してみてください。

一度ウォーターサーバーを導入してから、その後別のメーカーに取り換えた人も少なくありません。
導入のための費用やレンタル費用は多くのメーカーで無量となっていますから、気に入らなかったらいつでも乗り換えることは可能です。しかし、その手間が無駄となります。

使用されている水の性質を比較することが一番重要かもしれません。
水の性質を示す数値としてpHと硬度、その他のミネラル成分の含有量があります。

ただ、これらの数値を見ただけで実際の味がわかるわけではありません。
飲んでみることが重要です。
ショップなどでデモが行われていることがありますから、機会があれば試しに飲んでみましょう。
同じ天然水でも全く違うことがわかります。

なぜ自宅にウォーターサーバーを設置するかその理由も重要ですよね。
子どものために設置するなら、j水の成分などは十分チェックしておきましょう。

 

 

ウォーターサーバーのコスト


コスト家庭用としても人気が出てきているウォーターサーバーの費用について考えてみましょう。

人気のウォーターサーバーの場合、初期費用、レンタル料、配達料が無料となっていることが多いようです。

むしろ、それが当たり前の傾向が強くなっています。
しかし、そうなるとウォーターサーバーのメーカーの利益は水代だけとなります。

もちろん、水代の内の何割かが利益ですから、大きな利益とはならないでしょう。

ウォーターサーバーを設置すると、その維持費が無視できないくらいになると言う噂もあります。
特に電気代が冷房と暖房を同時に行っているようなものですから、一年中コンスタントに発生します。
ただ、金額は正確なところがよくわかりません。

電気代が高く付くと考えている人もいますが、ほとんど無視できると言う意見もあります。
データとしては1日40円程度と言われています。
その金額なら通常の電気代が少し増えた程度で済みます。
水代は1,000円から2,000円程度が人気商品のレベルです。
もっと高い商品もありますし、安い水もあります。

いずれにしてもウォーターサーバーを設置することで新たな出費となることは間違いありません。
ただ、おいしい水をいつでも飲めると言うことに対してお金を払うのですから損をしているわけではありません。

自分の健康の価値を考えればいいと思いませんか?
長い人生の中で天然水を飲み続けることがどのような影響を与えるのかを正しく知っている人はいませんから。

 

 


次回はウォーターサーバーの比較などについてご紹介します。

では、また次回に。ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>