チャイルドシートの安全性をしっかり確かめて大切な子どもを守る

スポンサードリンク

チャイルドシートの選びかたはどうするの?


 

子どもお子さんが生まれると、準備しなければならないものが本当にたくさんありますよね。

赤ちゃんが使う用品には様々なものがありますが、車での移動を考えるとチャイルドシートは必須で、早めに用意しておいたほうがよいでしょう。いざ、使うときになって買うとなると、じっくり比較検討する時間もないでしょうから、選び方も雑になってしまいます。

チャイルドシートを選ぶ際にこれが失敗のもとにならないようにしたいものですね。

それでなくても、大きいな買い物は、最後に回されてしまうことが多く、早めに準備しようという気持ちがあっても、なかなかそうも行かない場合が多いと思います。

現在、チャイルドシートは、国内、海外、様々なメーカーから発売されていますので、どのような基準で選んでよいのか、その選び方にも悩んでしまう方も多いと思います。

特に、はじめてのお子さんですとパパもママも新米ですから、先輩たちのアドバイスを聞きながら、初めてのチャイルドシート選びとなるわけです。

いざ、購入しようとショップに出かけても、ずらっと並ぶチャイルドシートにびっくりして迷ってしまうことでしょうね。
しかもチャイルドシートの出番は意外と早いです。

退院の日に、自宅へ戻る際に、チャイルドシートを使うケースもあります。今はほとんどがそのケースかもしれません。
また、退院の日に使わなくても、近いうちに実家に赤ちゃんの顔を見せに行く際に、車で行くならチャイルドシートは必須でしょう。
チャイルドシートの取り扱いは、ママ、パパたちも、取り付けや、取り外しなど、機能面の使い方を含め練習しておかなければならないことがいろいろあります。

 

 

できればチャイルドシートは、出産前に購入し、車のシートにはどのように装着するのか練習しておくと理想的ですね。
実際に赤ちゃんが生まれてからは、何かと急がして練習している暇もなくなってしまうでしょうから。

では、実際にチャイルドシートを買う際、そのポイントや選び方について紹介したいと思います。
現在、法律によって、6歳未満の子供は、チャイルドシートを着用することが義務となっていますので、6年間という長い期間、使うことになります。

まず、チャイルドシートを使える期間ですが、退院から使う場合、当然ながら、新生児期から使えるチャイルドシートを選びます。
乳児用チャイルドシートは、体重が10kg未満の赤ちゃんが使用し、だいたい、1歳くらいまでの期間です。

乳児、幼児兼用のチャイルドシートは、体重が18kg未満であり、新生児から使えて4歳くらいまでの期間となっています。
乳児、学童兼用のチャイルドシートは、体重が2.5kgから36kg、新生児から10歳くらいまでの期間に使います。
大きく分けるとチャイルドシートはこの3タイプとなりますので、選び方として、使用する期間で考えるということもポイントのひとつです。

現在は、新生児から4歳くらいまで使用できるものに人気が集まっています。
乳児、幼児兼用タイプで、回転式のものも使い勝手がよくて人気があります。

 

 

1fcbe90d27207b20278aa370bfe0dddb_sずっと同じチャイルドシートを使用するのか、時期に合わせて買い換えるのか、それぞれ自由ですが、タイプによって機能が違うので、機能重視で選んでみてもよいでしょうね。

選び方として、長期で使えるタイプをチョイスしたい方もいらっしゃるでしょう。

ですが、使い続けているうちに、シートが劣化して、ボロボロになってしまうこともあり、そうなれば買い換えることになります。

その辺も考え、子どもの年齢によって、必要な機能がついたチャイルドシートに買い替えるという方法もよいでしょう。
普段から車を使う方はシートの劣化も激しいでしょうが、あまり車を使わない方は長期で同じものが使い続けられるかもしれません。

車を使う頻度によってもチャイルドシートの選び方は違ってきます。とにかく、取り付けの簡単なタイプがおすすめです。
車に設置することが大変だとお出かけ前に、イライラすることになりますので、それもストレスになってしまいますし、そのストレスからあらぬ事故を起こしてしまうかもしれません。

どのようなチャイルドシートにするのか、そのタイプの候補が出たら、自分の車に適合しているか確認しましょう。
現在、ほとんどのシートは、どのような車にも合うように作られていますが、まれに適合しない車もありますので、選び方として事前に確認することも大切です。

ネットで探してもよいでしょうが、選び方として、最後は店頭で実際にものを見て確認してみることをおすすめします。
チャイルドシートを実際に触って、動かしてみると、意外に重いとか、設置しづらいとか、いろいろなことがわかるでしょう。
さらに、シートは、赤ちゃんが汗をかいたり、飲み物をこぼしたりするので、取り外して洗えるタイプがよいですね。

 

 


次回もチャイルドシートの続きです。

今日もご覧いただきありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>