白髪染めの選び方を知りダメージのないいつもキレイな髪にする方法とは?3

スポンサードリンク

白髪染めのラサーナヘアカラー


201208231958261320ラサーナヘアカラーもおすすめの白髪染めですね。
ラサーナのおすすめのポイントを紹介しましょう。

髪と頭皮を痛めにくく、白髪が目立たなくなるのがラサーナヘアカラーの特長です。天然由来の成分を配合していますから、髪へのダメージを軽減してくれます。
ムース状ですから、液だれがなく簡単に染めることができます。

髪を傷めずに染めたいとか、自宅で部分的に染めたい、頭皮が敏感であると言った人におすすめの商品です。
髪を労わりながら自然な色合いに染めてくれます。
天然由来の成分はコンフリーエキス、シコンエキス、グアイアズレン、ボタンエキス、真珠貝由来成分、ウコンエキスなどが含まれています。

いずれの成分も髪に潤いを与えてくれます。
髪染めの時に頭皮がヒリヒリすることはありませんか?

それは染料が頭皮にダメージを与えてしまっているのです。
ラサーナは過酸化水素を使用していませんから、頭皮への刺激が少なくなっています。
生え際が気になった時にさっと使用しましょう。

15分間髪になじませるだけで終わりです。
後はシャンプーとトリートメントをして、洗い流しましょう。
価格は1回分で約300円です。

もちろん、中身がなくなるまで使用できます。
しっかり染まって、ダメージを少なくすることが白髪染めを選ぶ時に悩ましいところです。

ラサーナヘアカラーの特長はダメージを少なくして、しっかり染まることです。
白髪染めは多くの女性が使用していますから、新しい商品が登場すると注目が集まるのです。

 

 

シーエッセンスヘアカラー


201306241758574910シーエッセンスカラーフォームはしっかり染まるムースタイプの白髪染めです。
白髪が気になっている人におすすめです。

シーエッセンスカラーフォームのこだわりのポイントを紹介しましょう。
使用法は簡単です。
空気で染める完全1剤式に白髪損です。

使いたい量だけをワンプッシュで取り出します。
ムース状ですから、液だれの心配もありません。
手に直接取って、白髪部分になじませます。

美しい髪をキープするためのミネラル成分が含まれており、髪の痛みを抑えることができます。
北海道産ガゴメ昆布エキスを含む海の恵みが配合されています。
体質によってはアレルギーが出ることもありますから、事前にパッチテストを行ってください。

シーエッセンスカラーフォームの使用は髪の生え際までしっかりとなじませるところがポイントです。
後は5分から15分程度、放置しておきます。
時間を延ばすことで強く染まっていきます。
その後シャワーですすぎます。

しばらくはカラーの色が出てきますから、色がなくなるまですすぎましょう。
後はシャンプーとリンスで仕上げれば終わりです。
白髪染めが必要になってくると、こまめなお手入れが必要です。

購入には3本セットのまとめ買いがおすすめです。
3本で21%割引の9,720円です。
通販サイトでも購入できます。

白髪染めを販売しているメーカーはトリートメントも同時に販売しています。
同じメーカーの商品を使用することで、安心してヘアケアができます。
白髪で悩む時代は終わったのです。

 

スポンサードリンク

 

白髪染めの併用


白髪染めを使用したことがある人は、だんだんと回数が増えていくようです。
生え際が白髪になっていきますから、当然のことでしょう。

ただ、白髪染めは髪にダメージを与えますから、ダメージを抑えるための手段を取っておくことが必要ですね。
そのためには白髪染めと育毛剤を併用することがおすすめです。
白髪染めで傷んだ頭皮を育毛剤で保護するのです。

白髪染めの商品の中にはダメージを抑えるためにトリートメントになっているタイプもあります。
白髪染めとしての効果は弱まりますが、髪のダメージを少なくすることができます。
どのようなやり方が自分に合っているか、実際に使用して確かめることをおすすめします。

併用する育毛剤については、白髪染めの影響と併せて考えなければなりません。
頭皮殺菌効果のある育毛剤をおすすめします。
目的は白髪染めが頭皮に与える影響を軽減するです。

保湿効果やミネラル成分の補給は白髪染めの成分にも含まれていますが、育毛剤との相乗効果が期待できるでしょう。
ナチュラルブラックでボリューム感のある髪を取り戻したいと思いませんか。
それだけでも若さを保つことができるはずです。

白髪染めは毛髪の中に色素が染み込みます。
キューティクルを保護したまま、白髪染めをすることは非常に難しいと考えてください。
もちろん、白髪染めのメーカーはいろいろな研究を行っており、新しい商品は確実によくなっています。

白髪が目立ってきたら、それからずっと使用し続けることになる白髪染めです。
どれが自分に合っているか、確かめることが大切です。

 

 


 

白髪染めの選び方、いかがでしたでしょうか?

今日もご覧いただきありがとうございます。

次回はDNA検査(遺伝子検査)についてご紹介します。

お楽しみに!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>