メラトニンの役割を知って不眠症を改善させる方法とは?

スポンサードリンク

メラトニンの役割と分泌量を知る


003218_melatonin_5mg (1)「メラトニン」という名前を聞いたことがあるでしょうか?

メラトニンとは、脳の松果体から分泌されるホルモンの一種です。
また、分子構造は植物であっても動物であってもすべて同じという特徴があります。

メラトニンの分泌量は、24時間周期で変動しています。
一般的に、網膜が光を感じているときに分泌量が減り、感じないときには増えます。

そのため、日が出ている昼間は減少し、夕方になってくるとだんだんと増え始め、午前2時から3時になるとピークに達します。
そして、再び朝になると分泌量が減っていきます。

メラトニンの分泌量は、体内時計によって決まります。
そのため、日が長い夏の方が、冬に比べてメラトニンの出現が早くなります。

生まれてから3ヶ月くらいは、人間はほとんどメラトニンを生成しません。
そのため、乳児の夜泣きもメラトニンの量が少ないせいではないかという説もあります。
メラトニンの分泌量は、成長と共に増えていきます。

脳の松果体が最も発達するのは7歳いくらいと言われているため、その頃はメラトニンの分泌量が最大となります。
16歳くらいから、急激にメラトニンが減り始めます。
そして50歳ごろになると、ピーク時の半分ほどまでに減少してしまいます。

メラトニンは睡眠を誘発すると言われています。
さらに、体内時計を調節する役割を持っています。
そのため、メラトニンの分泌量が少なくなった老人は深い眠りを得られにくくなるのではないかと考えられています。

 

スポンサードリンク

 

睡眠薬に使われるメラトニンとは?


睡眠薬は基本的に医師が処方するものなので、病院に行かなければ手に入れることができません。

薬局で買うことができる睡眠改善薬は、医師に処方される睡眠薬よりも効果が幾分弱くなっています。
また、ネット通販でも睡眠薬を購入することができます。

ネット通販で購入できる睡眠薬は、大半が「メラトニン」を主成分に作られています。

メラトニンは人間の脳にある松果体から分泌されるホルモンで、主な役割は睡眠へと誘ったり、体内時計を調整したりすることです。

メラトニンの分泌量は、身体が受ける光の変化によって異なります。
網膜が光を感じるとメラトニンの分泌量が減り、感じなくなるとメラトニンの分泌量が増えます。
そのため、昼間は少なく、夜間は多いのです。

メラトニンの量は、人間の睡眠に関わりがあります。しっかりとメラトニンが分泌されていれば、睡眠が促されるというわけです。
時差ボケなどで睡眠に関するトラブルが発生した場合にも、メラトニンが役立ちます。

アメリカなどでは、メラトニンは栄養補助食品として販売されています。
サプリメントに分類されるため、購入に規制はありません。
しかし、日本では一般業者のメラトニン製造や販売、輸入は禁止されています。

ただし、海外から個人輸入することは禁止されていません。
この場合は、個人の責任に委ねられることになります。
ネット通販を利用して、個人でメラトニンのサプリメントを購入する際は、必ず使用方法に気をつけましょう。

 

 

 

 メラトニンサプリメントの副作用とは?


眠ろうとしてもなかなか寝付けないときに使用されるのが、メラトニンのサプリメントです。

一般的にメラトニンの摂取による副作用は非常に小さいと言われていますが、具体的にはどんな副作用が現れるのでしょうか?

メラトニンのサプリメントを服用することで考えられる副作用は、自分でメラトニンを作る働きが弱まってしまうことがあるという点です。そもそもメラトニンは、脳の松果体から分泌されているホルモンです。

つまり、もともとは自分の体内で作ることができるわけです。ホルモンには、身体のさまざまな器官の機能がうまく働くように調整する働きがあります。

わずかな量でも大きな作用があるため、ホルモンの濃度が高まった場合は、それ以上濃度が上がらないように生成される量が少なくなります。

そのため、メラトニンのサプリメントを服用することでホルモン濃度が上がってしまうと、生成されるホルモンの量が減ります。

これが何度も続くと、「メラトニンはわざわざ自分で作らなくても、外部から与えられるので問題ない」と身体が判断してしまう可能性があります。そうすれば、自分で生成するメラトニンの量は減ってしまいます。

しかし、メラトニンの生成されるメカニズムが他のホルモンとは違うため、そのような心配はないとう専門家もいます。

現在のところ、メラトニンを長期的に摂取したデータがそろっていないため、本当に副作用がないのかどうか判断することはできない状態です。

 

 

不眠症の原因はメラトニン不足かも?


もしかすると不眠症かもしれないという疑いがあるのなら、メラトニンが不足していないかどうかを確認してみてください。

メラトニンは、脳内にある松果体という場所から分泌されるホルモンです。
「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、主に夜になると活発に分泌されます。
体温を下げたり、身体をリラックスした状態に導いたりする作用があり、自然な睡眠を誘います。

メラトニンの分泌量は光に大きく影響されます。
また、分泌量が年齢とともに大きく減少してしまうという特徴もあり、赤ちゃんが一日の大半を眠って過ごすのに対し、高齢者の眠りが浅くなってしまうのは、それが理由とされています。

このようにメラトニンの量が減ってしまうと寝つきが悪くなってしまい、その結果、不眠症となってしまうことも少なくありません。
反対に、メラトニンがしっかりと分泌されれば十分な睡眠がとれるうえ、老化を防ぐ作用も期待できます。

メラトニンを大きく減らす原因は、夜中に浴びる光にあります。
特に、スマートフォンやパソコンの画面から出るブルーライトは、太陽光の中でも特にエネルギーが強いと言われています。

夜遅くまでスマートフォンやパソコンを使っていると、その間ずっと強い光を浴びることになり、松果体がうまく機能できません。
そのためメラトニンが十分に分泌されず、寝つけなくなってしまうのです。

最近不眠症に悩んでいるという人は、夜遅くまでスマホの画面を見たり、パソコンで作業をしたりしていませんか。
思い当たる節がある人は、生活習慣を改善することで以前よりも寝付きがよくなる可能性が高いといえます。

 

 

メラトニンを増やすためにはどうすればいいか


深い眠りを得るためには、メラトニンをしっかりと分泌させることが大切です。
メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれており、これが十分に分泌されることで身体がリラックス状態になり、自然な眠りへと誘ってくれます。

メラトニンの分泌量を大きく左右するのは、光です。
夜にスマートフォンやパソコンなどをよく使う人は、画面からブルーライトを浴びることによってメラトニンがしっかりと分泌されなくなり、よく眠れなくなることがあります。

そういえば、LINEやゲームでいつも夜更かししているな・・と心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

では、どうすればメラトニンがしっかりと分泌されるのでしょう。
これもまた、光が大きく関係しています。

メラトニンは昼間、太陽をしっかりと浴びることで夜に生成されやすくなると言われています。
外が明るい時間帯に外で適度に運動をすれば、その分ぐっすりと眠れるというわけですね。

メラトニンは、アメリカなど海外でではサプリメントとして一般的に流通していますが、日本では医薬品として扱われているため、誰もが気軽に入手や服用することは厳しい部分があります。

海外から輸入して取り寄せることはできますが、その場合は自己責任での使用となるため、十分に気をつけて利用する必要があります。

メラトニンのサプリメントは、副作用があまりないとされています。
ただし睡眠効果が得られる時間が短く、30分ほどと言われています。
そのため不眠症の改善より、時差ボケを直すために使われることの方が多いようです。

 


次回もメラトニンの続きです。

今日もご覧いただきありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>