目も魅力的なオシャレの一部です。カラーコンタクトはなぜ人気なのか?2

スポンサードリンク

デカ目のカラーコンタクト「JILLハニーバニー」


カラコンカラーコンタクトをどのような目的で装着したいかは、人それぞれだと思います。

例えば、コスプレをして「アニメの登場人物になりきりたい」という方もいれば、「ファッションに合わせて瞳の色を変えたい」というオシャレな方もいらっしゃいます。

一昔前は、日本人にはカラーコンタクトは似合わないとか、顔立ちに合わないなどと言われていましたが、最近では色をつけたコンタクトレンズ以外にも、瞳を大きくしてより魅力的な目になれるコンタクトレンズも通販で人気です。

瞳の大きい女性に見つめられると、男性はドキドキするでしょうからね。
自分の魅力をよりアップするためにカラコンを使う女性が増えているのです。
そして、最近、一番多いのは「デカ目になりたい」という目的でカラーコンタクトを購入する方ではないでしょうか?

「デカ目」とは、大きな目という意味で、若い方の間では、目が大きいほど可愛いということが常識となっているようです。

年配者から見れば、「目だけ大きすぎてちょっと・・・」という感想もありますが、若い方はそれが可愛いと思っていますし、それが今のファッションなのです。

通販サイトを見ても、カラーコンタクトのキャッチコピーとして「デカ目」という言葉が良く使われています。
プリクラでも、自動的に目が大きくなるような機械もありますし、マツゲを盛って目を大きく見せることも相変わらず人気です。

現在の流行は「デカ目」であり、目ヂカラ勝負の女性がまだまだ多いことがわかりますね。

 

スポンサードリンク

 

「目力をもっと上げたい」、そんな、「デカ目になりたい女性たち」に大人気のカラーコンタクトが「JILLハニーバニー」です。
通販でも大人気の「JILLハニーバニー」は、ワンデーカラーコンタクト人気ランキングでも上位にいます。
特徴は「14.5mm」という大きさでしょう。

大きいのにコンタクトレンズが浮かないですし、高含水率のレンズですから、着け心地が良く、ゴロゴロしません。
渇きにくいのも人気の秘訣です。
せっかく可愛くオシャレして、メイクもばっちりしたのに、コンタクトレンズがゴロゴロしていては、台無しですから、装着感も大切です。

そして、ギャルメイクにも映えますし、ナチュラルメイクでも使える、という両方使いが出来るところが魅力です。
「甘いイメージにしたい」とか、「お人形みたいな可愛さを演出したい」とか、「自然な感じで目のインパクトを持たせたい」とか、その日の気分に合わせて使い分けが出来るところも、おしゃれが大好きな女性にとっては、嬉しいですよね。

大きいカラーコンタクトですが、つけてもゴロゴロせず、安定した使い心地という点もポイントが高いです。
「盛れるワンデー」と呼ばれている「JILLハニーバニー」は、通販でも人気上昇中ですので、興味がある方は、一度、通販サイトをチェックしてみてくださいね。

そして、度入りもできますので、目が悪い方も安心です。
気になるお値段ですが、「JILLハニーバニー」は通販で、30枚入り3240円とコスパも良く、若い方でも続けて購入できるところが嬉しいですね。

 

 

カラーコンタクトを作るには眼科に行く


人気高騰中のカラーコンタクトは、若い方を中心にファッションのひとつとして流行っています。

ファッション雑誌を見ても、モデルさんたちは大きな瞳をしていてとっても可愛いですよね。
「あんなふうな目になりたい」「大きく可愛い瞳になりたい」という方は、カラーコンタクトを試してみてはいかがでしょうか。

さて、普段、メガネをしている方、コンタクトレンズをしている方、所謂、目が悪い方は、度が入ったカラーコンタクトを作ることになります。
店舗を訪れて購入することも出来ますし、お手軽にネット通販で購入することも可能です。

インターネットの通販で、カラコンを扱う業者はとても沢山ありますし、ニーズがあるのでこれからも増えてくることでしょう。
確かに人気の通販サイトもありますし、手軽に誰でも買えてしまいますが、度入りカラーコンタクトレンズの場合は、ファッション雑貨としてのコンタクトレンズとはちょっと違いますので注意していただきたいのです。

「高度管理医療機器」に分類されるカラーコンタクトレンズですから、眼科できちんと検査を受けた上で購入することが正しい方法です。
カラーコンタクトの人気が高まってから、ショップのなかには、ファッション雑貨のひとつとして、カラーコンタクトを扱っているところも出てきました。

ですが、実はこれは「高度管理医療機器販売業許可業者」という許可をもらっているかどうか不明です。
さて、度入りコンタクトレンズを作りたい場合、カラコンでも、普通のコンタクトレンズでも、まず、視力を調べる必要があります。

 

カラーコンタクトを購入したい方は、まず、眼科へ行きましょう。

眼科と契約しているコンタクトレンズ屋さんを紹介してくれるところもありますし、反対にコンタクトレンズ屋さんに眼科が入っているお店もあり、便利で人気があります。
どちらでもよいですが、眼科によっては、コンタクトレンズの処方箋だけ書いて、他店で購入することはNGというところもありますから、受け付けて、確認しましょう。

眼科でカラーコンタクトを取扱っていれば、視力を調べた後、そのままそこで購入できますが、値段が高いところが多いです。

やはり、眼科で購入するより、通販サイトなどのほうがずっと安いし人気がありますので、多くの方が眼科に視力検査と処方箋だけを求めて行くことが多くなりました。
ですから、「処方箋だけの発行はだめ」という眼科も増えてきたのだと思います。

カラーコンタクトを作るにあたり、視力をはかりますが、マイナス0.00からスタートして、0.25間隔の細かい度数設定となっています。

視力検査と言えば、1.0とか1.2とか、おおまかなことが多いですが、通常のコンタクトレンズ、カラーコンタクトレンズの場合、細かい区分けとなっているのです。
ですから、眼科にある特別な装置で、正確な視力データを得る必要があるのです。

通販も視力データがないと自分に合った度入りのカラコンが購入できませんからね。
そして、次に必要な項目で「BC」というものがありますが、これは「ベースカーブ」の略です。

 

目の形には個人差がありまして、眼球のカーブの感じが人によって違っているのです。
コンタクトレンズを作った方はおわかりでしょうが、コンタクトと縁がなかった方は、眼球のカーブの違いなど、ご存知ない方も多いです。

メーカーによって、そのBCが違うので、通販もよく調べてから購入しないと、カーブが目に合わないとゴロゴロしがちで、目のトラブルにも繋がってしまいます。
このようなことから、人気の通販サイトで手軽に購入できるカラコンであっても、自分の視力やベースカーブを知ることは大切なのです。

眼科では、初めてコンタクトレンズをする方に、扱い方を教えてくれますので、正しい装着方法や、取り外し方や、保管の仕方、お手入れなどを丁寧に指導してくれます。
初めての方は、目に入れる際に難しかったり、なかなか取り出せなかったりしますので、眼科でのこうした指導は後々、役に立ちますから、是非、聞いておきましょう。
ちょっとしたコツを覚えれば、誰でも簡単に出したり入れたりできるようになるでしょう。

眼科では、練習も出来ますから、納得できるまで自分でやってみるとよいでしょうね。
そして、カラーコンタクトの使い捨てが良いのか、マンスリーが良いのかなど、目の状態に合わせて、適切なカラーコンタクトの種類をアドバイスしてくれますので、相談に乗ってもらいましょう。
通販ショップや店舗で、カラーコンタクトを選ぶことが不安な方は、眼科で販売しているカラーコンタクトからスタートしてもよいと思います。

最初は安心して使えるものがよいでしょうから、カラコンに慣れてきたら、人気の通販サイトなどから買えばよいのです。

 

スポンサードリンク

 

カラコンいかがでしたでしょうか?

次回は「ぷらっとこだま」についてご紹介します。今日もご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>