この秋、日本の世界遺産を巡ってみるのも楽しいかも

スポンサードリンク

日本の世界遺産とは


 

日本の世界遺産とは、ユネスコに登録されている日本国内にある自然遺産、文化遺産のことです。
世界遺産は国連のユネスコで登録されます。

地球の生成、人類の歴史上作りだされたもので、過去から現在にかけてかけがえのない宝物(遺産)として引き継がれてきたものを、世界遺産と言います。
過去から現代へそして未来へと伝えるべきものなんですね。

ユネスコとは、「国際連合教育科学文化機関」のことで、国際連合の管理下にある専門組織のことです。
「教育」、「科学」、「文化」の発展、推進を目的としています。

ユネスコは各国の分担金によって成り立っています。
分担金の拠出国の1位は「アメリカ」、2位は「日本」となっています。
世界中の多くの国がユネスコに加盟していて、2013年11月現在の加盟国一覧には、195ヶ国もの国が連なっています。

世界遺産が登録されるまでの流れは、日本国内で世界遺産候補となる条件の整った物件を探し出し一覧にします。
暫定リストを作成して、世界遺産委員会へ推薦します。
文化遺産、自然遺産、それぞれの専門機関が調査を行います。

専門機関の報告書を参考にして、年に1回開かれる世界遺産委員会において、世界遺産への登録を行うかどうかの決議をとります。
世界遺産委員会では、新規物件の登録、削除、登録済遺産の技術支援、モニタリングなどを行っています。

世界遺産には、どんな物件でも登録できるわけではありません。
歴史上重要な価値のある物件、自然美を有する地域、人間が創造した傑作や芸術的作品、文化作品などの条件があり、その条件を1つ以上満たすものが対象となります。
さらに保護管理体制がその国内の法律できちんと整備されている必要があります。

 

 

日本ユネスコ協会連盟とは


 

日本では「日本ユネスコ協会連盟」という団体が、ユネスコの活動を支援しています。

日本ユネスコ協会連盟の主な活動は大きく分けて3つあります。
・発展途上国への教育支援。
・世界遺産を守る活動。
・日本の文化遺産、自然遺産を守る活動。

世界には教育を受けることのできない子供がたくさんいます。
途上国へ寺子屋を開校したり、教育や職業訓練を行ったりして支援を行っています。
教育を受けることで、字の読み書き、計算ができるようになり、仕事につくことができて、安定収入を得ることができます。

世界遺産は、風化、劣化、環境破壊など様々な要因によって消滅の危機にあります。
そうした世界遺産を守ることが大切です。
基本的に世界遺産は、遺産のある国が保護するものです。

しかし途上国のように資金、人材、技術が不足している国ではそれが難しいです。
こうした遺産は危機遺産として一覧に登録されています。
日本ユネスコ協会連盟では、一覧を参考にして途上国の世界遺産を、次世代へ引き継ぐことができるように資金面、技術面の支援を行っています。

日本国内にある貴重な自然、伝統、文化遺産などを守る活動もしています。
日本でも、美しい景色の消滅、古くから伝えられてきた豊かな文化や伝統の継承危機など多くの問題を抱えています。
地域活動に手を差し伸べて、保全活動を継続させて、日本の資源が消失しないようにしています。
培われてきた豊かな文化、自然遺産を未来を生きる子供たちへ伝える、未来遺産運動も行っています。

 

スポンサードリンク

 

世界遺産の種類ってどんなのがある


 

現在ユネスコでは大きく3つの種類に世界遺産を分類しています。
・「文化遺産」→歴史的に価値のある遺跡や建物、いつまでも変わることのない貴重な記念物。
・「自然遺産」→美しい景観、生態系、地質、地形、絶滅危機にある生息物など。
・「複合遺産」→文化遺産、自然遺産の両方をかねそなえた価値を持つもの。

世界遺産の数は2014年6月現在約1,000件あります。
文化遺産が725件、自然遺産が183件、複合遺産が28件となっています。
その中には日本のものも世界遺産として多く名を連ねています。

日本では、2014年に新たに世界遺産の一覧に登録されたものがあります。
みなさんご存知の「富士山」は2013年、そして2014年に登録されたのが「富岡製糸場」です。
日本からユネスコへ推薦物件の一覧として提出していたものがつい先日2014年6月に登録決定しました。

世界遺産の登録数の多い国は、1位「イタリア」、2位「中国」、3位「スペイン」、4位「ドイツ」、5位「フランス」とヨーロッパ勢が多くなっています。
日本は13位となっています。
自然遺産の多い国は「グランドキャニオン」などの国立公園を多く有する「アメリカ」、「グレート・バリア・リーフ」などを有する「オーストラリア」となっています。

日本の世界遺産は、全部で18件あります。
そのうち文化遺産が14件、自然遺産が4件となっていて、複合遺産は登録されていません。
現在も世界遺産の推薦待ちをしている候補はたくさんあります。

金閣寺

 

 

日本の世界遺産一覧


 

2014年6月現在、日本にあるユネスコの世界遺産登録を受けているものを一覧にします。
日本の文化遺産、自然遺産をそれぞれ一覧にして、ユネスコで世界遺産登録された年も表示します。

<文化遺産>
・法隆寺地域の仏教建造物:1993年登録、所在地奈良県。
・姫路城:1993年、兵庫県。
・古都京都の文化財(清水寺、平等院など):1994年、京都府、滋賀県。
・白川郷、五箇山の合掌造り集落:1995年、岐阜県、富山県。
・広島の平和記念碑(原爆ドームなど):1996年、広島県。
・厳島神社:1996年、広島県。
・古都奈良の文化財(東大寺、薬師寺など):1998年、奈良県。
・日光の社寺:1999年、栃木県。
・琉球王国のグスク、関連遺産群:2000年、沖縄県。
・紀伊山地の霊場と参詣道:2004年、奈良県、和歌山県、三重県。
・石見銀山遺跡、文化的景観:2007年、島根県。
・平泉の文化遺産:2011年、岩手県。
・富士山:2013年、静岡県、山梨県。
・富岡製糸場、絹産業遺跡群:014年、群馬県。

<自然遺産>
・白神山地:1993年、青森県、秋田県。
・屋久島:1993年、鹿児島県。
・知床:2005年、北海道。
・小笠原諸島:2011年、東京都。

白神山地には、豊かなブナ林が広がっています。
いろいろな気候があることから、日本全国の植物を見ることができると言われている屋久島。
知床は、大自然で独特の生態系を維持している地です。
小笠原諸島は、珍しい地形、地質があります。
どれも貴重な自然遺産です。

 


 

次回も日本の世界遺産の続きです。
姫路城や白川郷、五箇山の合掌造り集落などすこし晩秋の旅行をイメージして具体的に紹介したいと思います。

今日もご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>