実は日本人の体型には合わないビクトリアズシークレット

スポンサードリンク

ビクトリアズシークレットとは


 

ビクトリアズシークレットは、日本で大人気のファッションブランドでもちろん海外でも大人気です。なかにはご存知ない方もいらっしゃると思います。
ファッションに興味がある方、流行に敏感の方でしたら、すでにご存知のブランドでしょうし、商品を購入したことのある方もいらっしゃるかも。

ビクトリアズシークレットとは、アメリカにあるリミテッド・ブランズ社の傘下、リテールブランドです。
ビクトリアズシークレットは、そもそも、1977年、ロイ・レイモンド氏が設立した会社です。
アメリカ、カリフォルニア州のサンフランシスコに会社を作りました。

そして、1982年にビクトリアズシークレットをリミテッド・ブランズに売却、傘下に入ったという流れです。
アメリカには実際に900店舗の小売店がありますが、それよりもカタログ通販がメインとなっています。
扱っている商品には、女性用の服や、下着、ほかにも香水や美容関連用品などがあります。
現在、売上高は50億ドルもあるそうですから、すごいですよね。

さらに、10億ドルもある営業利益は、このグループ内でも最大の利益だそうです。
本来の名称は、ビクトリアズシークレットですが、日本ではビクトリアシークレットと呼ばれているケースもあります。

相性は「ビクシー」だそうでこう呼ぶ方も多いです。
ビクトリアズシークレットは店舗にも特徴があり、ピンクメインとしたちょっとセクシー系なデザインとなっています♪

 

店舗のデザイン同様に、ビクトリアズシークレットの下着、また水着などは、セクシー系が中心となっています。
セクシー系の下着などは、女性として是非、身につけてみたいですが、やはり店頭で見たり購入したりすることに抵抗がある方もいらっしゃいますよね。

そんなビクトリアズシークレットの商品を楽しめるように、カタログ通販も行なっており、家にいながらビクトリアズシークレットの商品を購入することができます。
また、ビクトリアズシークレットのファッションショーも大人気で、そのわけはトップモデルを登場させているからです。
もちろん、カタログにも人気のモデルさんたちを起用していますので、見ているだけでも楽しいですよ♪

1990年代に、ビクトリアズシークレットが行なったランジェリーファッションショーで、スーパーモデルを起用したのが話題となりました。
テレビでもこのファッションショーが放送され、このショーをきっかけとして、トップモデルになった方も多いです。
例えば、タイラ・バンクスさん、レティシア・カスタさんやハイジ・クラムさんもそうです。

ビクトリアズシークレットと契約している、人気モデルは、別名「ヴィクトリアズシークレットエンジェルズ」と呼ばれています。
ネットでは、歴代のエンジェルたちも一覧で見ることができますが、どのモデルさんたちもオリジナリティな美しさを持つ方ばかりです。

ビクトリアズシークレット

 

日本人の体型には合わないビクトリアズシークレット


アメリカで生まれたセクシーな下着、ビクトリアズシークレットというブランドは、今や世界中で大人気とのことです。
ファッション大好きな日本人の方は、すでにこの下着をゲットしているのではないでしょうか。

通販にも力を入れているので世界中にファンがいると言われています。
トップモデルたちを使ったPRも大成功で、カタログの写真を見たら、彼女たちが身に着けている下着を欲しくなってしまいますよね。

ですが、実際に、ビクトリアズシークレットの下着を購入した日本人の感想をチェックしてみると、なかには否定的な感想も上げられていました
例えば「ブラのカップが大きすぎた」とか、「縫製が雑だった」などの感想もあがっています。

海外ブランドの下着がすべてそうだというわけではなくて、フランス製などは、比較的、ファッション性も高く機能的ですから、日本人にも人気があります。
ですが、アメリカ製の場合はすべてに大雑把で、日本人には派手すぎる作りになっているのかもしれません。

また、そこが日本の下着メーカーとは違った魅力でもありますので、なかには、その派手さを求めてビクトリアズシークレットの下着を買う方もいらっしゃるでしょうね。
やはり、ブラジャーには機能的な部分を求める方も多く、特に30代にもなると、自然と垂れてくる傾向にありますから、その胸を上げるとか、きれいな形を保つとか、そうした機能は必須になってきます。
補正下着まで行かなくても、普通のブラジャーに対してもそれくらいの機能は欲しいと思いますよね。

 

スポンサードリンク

ファッション性を重視しているセクシー下着は、「勝負下着」に使うなら良いでしょうが、日常的に使用するとなると、日本人にとっては向かないのかもしれませんね。
やはり、最低限の機能性は欲しいところでしょう。

そもそも、ビクトリアズシークレットが、これだけの大人気になり、下着メーカーのなかでも、世界中の方からダントツに支持をされるようになったきっかけは、どのようなことでしょうか?
お気づきと思いますが、それは豪華なトップモデルたちの存在なのです。

下着のカタログには、豪華なトップモデルたちを起用していますので、その辺にある下着カタログとはまったくレベルが違います。
まるで、写真集を見ているような豪華で美しい下着カタログとなっているのです。

タイラ・バンクスさんを始め、世界中に知られているトップモデルたちに、ビクトリアズシークレットのランジェリーを身に着けさせ宣伝しています。
どのモデルさんたちを見ても世界でトップクラスですから、レベルが高いのです。
こんな下着メーカーはこれまでなかったのではないでしょうか。

そして、ビクトリアズシークレットの下着カタログは、男性も代興奮するようなセクシーなショットばかりです。
ですから、下着を購入する目的ではなくても、ビクトリアズシークレットのカタログを持っている方も多いとか。

 

トップモデルたちが下着姿になっているセクシーな写真が、ビクトリアズシークレットの無料のカタログに掲載されているとは、男性としては嬉しい話ですよね♪
このような話題性で一躍、大人気のブランドとなったわけですが、日本に店舗はありません。

2008年代官山のセレクトショップで、ビクトリアズシークレットの商品を一時的に取扱っていたことがあるそうです。
ですが、翌年に閉店してからは、下着の取扱店はなくなりました。

ビクトリアズシークレットの美容商品、コスメなどは、店舗で扱いもあるそうですが、下着だけは日本で置いているところはないのです。
その理由は色々あるのでしょうが、一番の大きなポイントは、ビクトリアズシークレットの下着が、日本人をはじめアジア系の女性にはフィットしにくいという点です。
欧米人と私たちアジア人は体型が違います。

そもそも、骨組みが違って、欧米人は細くてもしっかりとした骨組みですが、それに比べて私たちは薄っぺらいそうです。
欧米人の身体を考えてデザインされていますから、アジアの女性にはブラジャーなどは特にフィットしないことになりますよね。
そして、ショーツも、比較的、ぶかぶかになりやすいのかもしれません。

確かに日本のトップモデルさんを見ても、細くて薄っぺらな体型の方が多いですし、欧米のモデルさんは細くても意外とがっちりしているような気がします。
そうは行っても、人気のビクトリアズシークレットの下着は一度くらい、身につけてみたいですよね。
ダメもとでも一度、購入してみて、優雅な気分を味わってみたいものですね。

300x250

 


 

日本人の体型には合わないても、ビクトリアズシークレットの下着は人気ですから、一度くらい身につけてみたいですよね♪

次回もビクトリアズシークレットの続きです。

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

フィンジア

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>