こどもの日の料理

スポンサードリンク
スポンサードリンク

5月5日は「こどもの日」。

「端午の節句」とも言われ、男の子の成長をお祝いする日です。

昔から健やかなこどもの成長を祈ってきました。
五月人形を飾ったり、こいのぼりを掲げたり、お風呂にしょうぶを浮かべて邪気を払ったり、様々な方法でお祝いして過ごします。
家族みんなで楽しくお祝いするために、おいしいお料理は欠かせません。

こどもの日の食べ物と言えば、「ちまき」、「柏餅」が挙げられます。
なぜこれらのものを食べるようになったのか、その由来をご存知でしょうか。

由来や意味をきちんとこどもに伝えて、食べさせるようにするといいと思います。
「柏餅」…柏餅には植物の柏の葉がお餅に巻かれています。

柏という植物は、新しい芽が出てきちんと育つまで、古い葉が落ちてしまうことはありません。
このことから「こどもが大きくなるまで親は死なない」と意味を結びつけているのです。

「ちまき」は災いを避けるといった意味から無病息災を祈念しているそうです。
その昔、れんじゅの葉にもち米を包んだものを五色の邪気を払うと言われる糸で縛り川に流したそうです。

そのとき使われた糸の5色は、こいのぼりの吹流しの色に使われています。
柏餅などのお菓子を家で手作りして食べるのもいいと思います。

こどもの日は、こどものためのお祝いの日ですから、お料理もこどもが好きなおかずをたくさん作ってあげましょう。
もちろん野菜を添えたり、彩りを考えたりすることも忘れないでください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>