軽量ランドセルで6年間しっかりと使えるようにするための選び方

スポンサードリンク

軽量ランドセルとは

軽量ランドセルと言われるタイプはおおよそ1.2kg以下と考えていいでしょう。

若いお母さんたちは自分のセンスで選ぶ傾向にあるのです。

 

超軽量ランドセルと呼ばれるタイプは基本的に素材の厚みが薄くなっています。

各メーカーでは理想のランドセルを目指して開発を行っているのです。

 

ちょっと派手なデザインになっているランドセルも人気が出てきたようです。

入学したての小学一年生の時はランドセルの方が大きく見えるのですが、高学年になるにしたがって、ランドセルが小さく見えてしまいます。

 

それだけ子どもが成長していると言うことでしょう。

ランキングを見れば、どれが一番軽いかはわかります。表面は革製ですが、内部に軽い補強材を入れるのです。材質を変えているメーカーもあります。

 

軽量ランドセルを求めるユーザーとデザインの良さを求めるユーザーがいます。

ただ、どのランドセルを選ぶかは親の好みが強く反映されています。

子どもは買ってもらうことがうれしいため、あまり気にしていないのでしょうね。

 

インターネットでは軽量ランキングがあります。

その分強度が下がることになるでしょう。

 

薄型のパソコンよりも軽いと言うことになります。

ランドセルは小学生の子どもたちが背負うカバンですから、できるだけ軽い方がいいに決まっています。

 

一番軽いのはふわりぃで980gです。強くて軽いランドセルが一番理想です。

もちろん、道具を入れますから、すぐに数kgになります。しかし、6年間しっかりと使えるようにするために頑丈にすることも求められています。

 

あまりにも軽すぎるのは親としてちょっと不安になりますね。

軽量ランドセルの特長

最近のランドセルは大きくなる傾向にあります。ふわりぃは軽量ランドセルのランキングでトップになっています。

ノートや課題のサイズが大きくなってきたからです。これは親の嗜好を取り入れているのかもしれません。

 

ランドセルでもかなり高額な商品もあります。ただ、市場が軽量化を求めているため、ランドセルメーカーは工夫をしているのでしょう。

ただ、少子化によってこれからだんだんと需要が減っていくことが予想されています。

 

実際には教科書などの道具を入れますから、軽量ランドセルのメリットが活かされることはないと思います。

ランキングでは順位が付いていますが、その差は100gレベルです。

 

もちろん、必要な強度は確保しなければなりませんから、各メーカーの工夫が必要となるのです。

ランドセルの軽量化を図るためには、補強のための金具を減らすことになります。

 

小学校のランドセルは校則で決められていることはほとんどありませんから、ランドセル市場は縮小することはないのでしょう。

大きなランドセルでも軽量化を実現しているのですから、ランドセル業界はかなり頑張っているのです。それだけ軽いと言うことです。

 

一般的には孫のために祖父母がランドセルをプレゼントすることが多いですから、価格を気にしている人は少ないようです。

ですからメーカー間の競争も激しいようです。

 

ランドセルの製造技術は昔から変わっていないように見えますが、素材の変化などで細かい部分に技術が凝縮されています。

デザインにこだわりを持たせたランドセルも人気です。

 

cedf574c8fdad1e91de4d0475923094a_s

ランドセルの情報

子どもが小学一年生になるとランドセルを買ってあげることになります。

小学生の数は決まっており、市場としての規模が明確ですから、ランドセルメーカーはそれに合わせて製作数量を調整しています。

 

重量のランキングもあります。まずは情報収集を始めましょう。

ランドセルを軽量化するためには、素材のクラリーノを減らすことができませんから、止め金具などを少なくする工夫が必要です。

 

教科書などを入れると、それ以上になってしまうからです。

最近の流行は軽量タイプのランドセルです。ポケットなどが少しずつ工夫されてきました。

 

店頭にはサンプル品が並べられているだけ、実際は注文してからの生産となります。

ただ、一定の強度は保たなければなりませんから、その兼ね合いはメーカーの考え方でしょう。

そのため、注文は早めにしておく方がいいでしょう。

 

高学年ならランドセルが重いことはないでしょうが、小学一年生にとっては重く感じるのかもしれません。

重量のランキングよりも、人気ランキングや価格ランキングの方が関心は高いかもしれません。

 

子どもさんに決めさせるのもいい方法ではないでしょうか。

ランキングトップと下位を比較してみると、数百グラムの差があります。

 

ランドセルのデザインはずっと変わっていません。

アニメキャラクターをあしらったランドセルも人気が高いようです。

 

ランドセルのランキング

ランドセルのランキングを見てみましょう。

ランドセルの使いやすさとはどのようなことでしょうか。色はこれまで男の子は黒、女の子は赤が定番でした。

 

最近はカラフルになってきましたが、黒と赤が主流であることは変わりません。

軽量化が進んでいますから、現在販売されているランドセルは1,000から1,500g程度です。

 

重量の差も触ってみるとわかるでしょう。数値で表現する時には重量とフィット感でしょう。

確かにフィットちゃんの仕様を見ると、随所にこだわっているようです。

 

実際に使用する子どもには判断できないと思いますから、親がどう考えているかと言うことでしょう。

ランドセルメーカーではいろいろな改良を行ってきました。それから機能についてはどうでしょうか。

 

同じように見えても、細かいところが違うのです。ランドセルの強度を保ちながら、軽量化するためには細部にこだわりが必要です。

ただ、ランドセルのランキングでは軽量であることは重要な選択条件です。

 

自分が子どもの時に使っていたランドセルと現代のランドセルのどこが違うかを明確に理解している人はいません。

最軽量のフィットちゃんは910gと1kgの大台を切っています。できることなら、子どもに背負わせてみて、その感触を確かめましょう。

 

その他に色、機能と続きます。あなたはどのような点を重要視しますか。

全体的なデザインは変わらないのですから、同じように見えるはずです。ランドセル売り場にはサンプルが置かれていますから、自由に試すことができます。

 

ランドセルの価格

58316bcb1eafdac7601d353cc6c5f258_s
小学生の入学祝としてランドセルをプレゼントされるケースも少なくありません。その時になって初めてランドセルの価格を知ることになります。

 

職人が作っていますから、材料代よりも人件費で高くなるのです。おおよそ10倍の開きがあります。

 

おじいさん、おばあさんがランドセルの費用を出すため、価格を気にしていないことが多いのでしょうね。

ところがメーカーによって価格に大きな差があることに驚くでしょう。この価格の差はどこの違いなのでしょうか。

 

これはランドセルを手作りしているメーカーです。人口皮の代表であるクラリーノは本牛革よりも軽量です。

どれを購入すればいいかわからないなら、ランキングを参考にするといいでしょう。

 

ランキングにはたくさんのランドセルメーカーがあります。

テレビで宣伝しているメーカーもありますが、初めて聞くメーカーもあることでしょう。低価格なランドセルは1万円未満ですが、高い商品は8万円以上です。

 

軽量ランキングを見ると、高い商品が軽いというわけではありません。ランドセルを子どもに購入してやる時期になったら、カタログなどを調べてみましょう。

子どものために軽量ランドセルを選びましょう。つまり、材質を安くすることで軽量にもなるのです。

 

ランキングでは人気の高いメーカーは軽量だけではなく、デザインや品質もチェックされています。

 

フィットちゃんランドセル

ランキングで人気が高いランドセルはフィットちゃんです。CMの影響による部分も大きいのですが、軽量ランキングでも上位に入っています。

人気が高すぎるため、売り切れになることが多いようです。注文するなら早めにしておきましょう。

 

軽量のランドセルの方が子どもに負担がかからずにいいと言われています。

実際に背負ってみてどれくらいの差があるのでしょうか。小学一年生にとっては数百gの差は無視できないのでしょう。

 

フィットちゃんの特長は軽量だけではありません。楽に背負える工夫があります。

背中にフィットすることから付けられた商品名です。

 

本体と肩ベルトをつなぐ金具を工夫することによって、成長に合わせた付け替えることができます。

ランドセルの重量が背中全体に分散するため、方への負担を減らすことができます。

 

メーカーはいろいろと工夫していて軽量化もその一つです。

15色のバリエーションを揃えているのもフィットちゃんだけです。

 

軽量化のために内貼りを簡略化しています。

手を抜いたのではなく、すっきりとさせることで軽量化を実現しているのです。

 

ランドセルとしての完成度は高いため、ランキングでは人気が高いのです。

実際に購入した人もおすすめのランドセルになっています。

 

かるすぽランドセル

イオンが販売しているランドセルは「かるすぽ」です。

ランキングではかるすぽランドセルが最軽量になっているわけではありませんが、肩に負担がかからないような工夫がされています。

 

ランドセル本体の重量はある程度の強度を持たせるためには軽さに限度があります。

軽量ランキングばかりをチェックしても意味がないのです。

 

実際に教科書や道具などを入れますから、すぐに数kのオーダーになります。

100g軽いとしても、それは体感できないのです。

 

イオンのかるすぽはA4のクリアファイルが入れられるサイズを採用しています。

また、型崩れ防止のための補強プレートも付属しています。

 

軽量だけを考えるのではなく、現代の子どもたちが求めているランドセルを作っているのです。

ランドセルは親が選ぶのですが、その時代を反映しています。

 

親なのか子どもなのかによって、ランキングの内容は大きく変わってくるはずです。

イオンランドセルの特長として、カスタマイズモデルがあります。好みの色を選べば4万通りの組み合わせがあります。

 

正に自分だけのランドセルです。

国産の生地と部品を使用していますから、6年間の保証は当然でしょう。

 

子どもが安心して使えるランドセルを選ぶことが大切です。

 

天使のはねランドセル

セイバンのランドセルは天使のはねですね。

テレビなどのコマーシャルを見たことがあるでしょう。

 

常に人気ランキングでも上位にランクしています。

天使のはねランドセルと言うネーミングですから、軽量を重要視しています。

 

ただ、単純にランドセルの重さを軽量化するのではなく、負荷分散を考えた設計になっているところが注目されています。

もちろん、他社も同じような考えでランドセルを作っていますから、天使のはねだけが軽く感じるわけではありません。

 

しかし、ランドセルを背負った時の体感重量はランドセルの形によって変わってくることを具体的に示した商品として大きな役割を果たしたのかもしれません。

肩ベルトの付け根にはねを内蔵している点が重要なところです。正に天使のはねですね。

 

小学生の時は体格に個人差が大きく、同じ学年でも体型が違っています。

この違いを吸収するための工夫が左右連動背カンです。肩ベルトが同じ角度で開閉するようになっています。

 

人気ランキングを見る時に、それぞれの具体的な特徴を見るようにしましょう。

口コミサイトでは軽さを選択肢の重要ポイントにして選んだ人が多いようです。

 

実際に使用するのは子どもたちですが、親の視点から選ぶことが大切でしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>