BAR Zephyr-inn

スポンサードリンク

何か癒しを求めたい時にひとりで行くカウンターBar。

オーナーバーテンダーの心地よいシェイカーの音。
そして静かに聞こえてくるJAZZの音色。
暗めの照明がBarという特殊な空間を醸し出している。

軽めのカクテルを2杯ほど飲み終えたころ、何故かわたしの前でシェーカーを振り出すオーナー。
いつもながら所作がとても美しい。

シェーカーからグラスに注ぎ、わたしの前にすっと出してくる。

わたしは頼んでないという意思表示でオーナーの顔を見上げた。

彼は少し表情を和らげて、右手である方向を指した。

芦屋様、あちらのお客様からです。

その方向には40代後半と思える紳士がひとりグラスを傾けていた。

その男性に向かって軽く会釈をし、カクテルに口をつけた。

ジンギムレット。

柑橘系の爽やかな香りとともに中甘辛口が口に広がる。爽やかな香りのおかげでジン特有の香りが気にならない。

すこし時間をかけて飲み終えると、オーナーが次はいかがですかと告げた。

わたしは、こんなこともあるものだと少し嬉しくなり、同じものをと。そして男性のいる方向に顔を傾けた。

その男性は既にZephyr-innから姿を消していた。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

タグ: