SNSの楽しい友達

ご存知ない方もいらっしゃるので始めに言っておきますね。

わたしのFBをはじめとするSNSの世界では、決して会わない、決して話さない。そして影の存在というポリシーにしています。

ですから、相手が誰であっても会うことはありません。もし街中で「芦屋さんですか?」って尋ねられたら、うそは言わないで「はい、そうです」って答えます。

でも、そこでSNSは終了。皆さまとは今生のお別れとなります。

前置きはこの辺にしておいて、今日は嬉しいことにFBのフレンドさんからまた本をいただきました。

浅田次郎作の「鉄道員」と「月のしずく」です。読むのが楽しみですね。

わたしが買った本も溜まってきたので、それを読んでから、いただいた本を読もうと思います。

さてさて、本をプレゼントしてくれたかたは、信頼のおけるとてもいい方です。

おそらく、男性からも女性からも好かれるタイプでしょう。

仕事もポリシーをしっかりともってやってらっしゃることがわかります。

何せ、わたしがこそっと見に行ってるくらいですから。

さて、前回いただいた本の梱包の話になりますが、ブックオフの店員かよって感じで送られてきました(笑)

実はその方はラッピングのプロなんです。どんなラッピングで来るのかかなり期待していたのですが、マジかーーってくらい雑でした。

もちろんご本人にも、なんか梱包雑じゃない?的なクレームを言ったような。。w

特に読めればよいということでラッピングについては考えていたかったようです。

今回は、ラッピングは省いていましたが、自筆のグリーティングカードっぽい何かがついていました。

この2つです(笑)

達筆でご自分のサイン入り。だけどねw

A4のコピー用紙かよーーーーでした。しかも折り目が、梱包の大きさに合わせてて折ったので、

何と言うことでしょう。折り目でせっかくのグリーティングカードのような何かが台無しです(笑)

カラー版も作っていただきました。自筆のA4用紙をカラー加工していただいたものです。

光沢プリンター用紙で印刷されていたのですが、印刷の位置が中途半端ですね。

わたしなら、カッターで切ってカードにしますが。。。

というかグリーティングカードなら売るほどあるはず。。実際にも売ってるでしょう!!

とてもいい方で自分の考えをしっかり持ってらっしゃる。仕事も会社から同僚から信頼されている。

信頼してくださるお客様も、リアルな友達も多い。リレーションシップでは非の打ち所がない方です。

客層やペルソナを瞬時に判断し、その時々のお客様の状況に最適なギフトを提案しているようです。

でもやっぱり人間、完ぺきではありません。詰めがもう一歩欲しかったなっていう一面も実に人間味があって面白い。

その方はかつて、プロの競技者でしてあり、5勝3敗2分の成績を残しています。競技者の苦労も知らないわたしからすると、

えらく上から目線で申し訳ないすが、これも詰めがもう一歩だったのかと勝手に想像しております。

なんだか、ほっとしたような新たな親近感が湧いてきました。

こんな方とある時は冗談を言い合い、あるときは悩みを打ち明け、楽しいSNS生活を送っている自分がなんだか幸せに感じます。

書籍を送っていただいて、本当にありがとうございます。大切に読ませていただきますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

タグ: , ,