夏休みに行ってみたい東海地方のおすすめスポット その2

スポンサードリンク

夏休みに行ってみたい東海地方のおすすめスポットのつづきです。
東海地方の中でも愛知、岐阜、三重を中心に紹介しています。

さて、お次は・・・

なばなの里

これは夏休みもいいのですが、冬休みにもぜひ行っていただきたいスポットです。
冬で何がいいのかといいますとイルミネーションです。
manaba
東海地方からだけではなく、他地方からも観光バスに乗って多くの人が訪れます。
このイルミネーションは本当にキレイで感動モノです。平日でもかなり混みます。

全国的に見ても、1、2位を争うと言われるなばなの里のイルミネーション。

見どころは光りのトンネルと毎年決められるテーマに沿ったイルミネーション。

2014年は世界遺産に登録されたことを記念して、富士山がテーマとなり、イルミネーションで見事に大きくてきれいな富士山を描いていました。
とてもきれいなイルミネーションなので、カップルはもちろんのこと、子供連れの家族、3世代でにぎやかに訪れる家族、友人同士で訪れるグループなど多くの人が訪れています。

なばなの里内には、飲食店もたくさんあります。
イルミネーションを見ながら、おいしい食事をいただくことができます。

なばなの里の入場料には、里内で使える金券が付いています。
イルミネーション期間は小学生以上2,000円で、そのうち1,000円分金券が付いているので、実質は入場料1,000円ということです。
通常期間は1,600円、7月から9月の夏季期間は1,000円、それぞれ1,000円分の金券が付いてきます。
1,000円分の金券は長島の地ビールを楽しむことができる「長島ビール園」や、カジュアルフレンチを楽しめるレストラン、イタリアンレストラン、中国料理、日本料理、麺料理、とんかつ、カフェなどのお店で使うことができます。意外とお得感満載なんです。

なばなの里には、季節ごとに色とりどりの花がたくさん咲いています。
夜だけではなく、昼間にお出かけするのも美しい景色を見ることができておすすめです。

敷地内には、庭園露天風呂がある「里の湯」もあります。
神経痛、関節痛などに効果のある湯で、季節の花に囲まれている露天風呂と大浴場があります。
家族みんなが楽しめる施設となっています。

川島ハイウェイオアシス

岐阜にある「川島ハイウェイオアシス」は、東海地方の中でも大きなハイウェイオアシスです。
「河川環境楽園」とも呼ばれていて、川に住む生体、自然について触れあうことができる場所となっています。
2014年3月のリニュアール、今注目のお出かけスポットです。

ここには、世界最大級と言われる淡水魚水族館があります。
川に住む生物、水辺の生物を観察できる貴重な水族館が東海地方にあるのです。
子供たちは様々な生き物を知ることで川について学ぶことができ、大人は自然環境を考える場として、癒しの場となり、家族みんなが楽しめる水族館です。
開館時間は9時30分から平日は17時まで、土日祝日は18時までとなっています。
入場料は大人1,500円、中学生と高校生1,100円、小学生750円、幼児370円となっています。
1年間入り放題の年間パスポートもあります。

水遊びできる川遊びエリアもあり、夏の暑い季節のお出かけにもおすすめです。
木曽川の自然を再現していて、水遊び以外にも四季ごとの草花を見て自然に触れることができます。

アスレチックが楽しめる広場もあります。
14種類の遊具があり、アウトドアを楽しめるスペースもあるため家族揃って体を動かすことができます。

季節ごとのイベントも行われています。
園内を巡ってプレゼントをもらえる「スタンプラリー」、たくさんのこいのぼりが空に舞うGWイベント、ふれあい動物園、魚のつかみ取り体験など様々なイベントがあります。
岐阜のご当地食材でバーベキューができるところもあります。
ハイウェイオアシスとは思えないほど、いろいろなものがあり、一日では回りきれないほどです。
家族揃ってのお出かけにおすすめのスポットです。

愛知牧場

高原でも山でもなく、普通の街中で自然と触れ合うことのできる人気スポットが「愛知牧場」です。

名古屋近郊にある牧場で、東海、他地方から多くの家族連れ、カップルが訪れるお出かけスポットです。

牧場なので、牛、馬を見ることができるのはもちろんのこと、乗馬体験、バーべキュー、パターゴルフなど様々なことを家族で楽しめる場所です。
牧場と言えば、濃厚な搾りたて牛乳、ソフトクリームを食べる楽しみがあります。

また季節ごとに様々なイベントも行っています。
春先の菜の花がきれいな季節には、菜の花畑を利用して大きな花迷路が登場します。

東海地方でも珍しい大規模な迷路で、子供の背丈が隠れるほどなので、大人も子供も家族そろって本気で取り組むことができます。
6000平方メートルもの広大な敷地に咲き乱れる菜の花の中を、クイズを解きながら進んだり、ワードを探しながら進んだりします。
2歳から小学2年生までのお子さんが体験できる引き馬体験、本格的に乗馬をしてみたい人には乗馬レッスンも行われています。

パターゴルフは、天然芝の本格的なコースなので、大人も子供も本気でプレイできます。
18ホールあり、平日は中学生以上1,000円、4才から小学生の子供が800円、土日祝日は中学生以上1,500円、子供が1,000円です。

バーベキュー場もあり、家族や仲間と本格的な炭火のバーベキューを楽しむことができます。
全席屋根付きなので、多少の雨が降っても安心ですね。

道具、食材共に全て現地で用意してもらうことができます。
場所だけ借りて食材を持ちこむこともできます。

青空の下、自然に触れ合い楽しみたい人におすすめのお出かけスポットです。

愛・地球博記念公園

aichikyuhaku2005年、愛知県で開かれた「愛・地球博」。
東海地方だけではなく、日本全国、世界からも多くの人が博覧会に訪れました。
博覧会終了後、現在では博覧会の面影を残しながら公園となっています。

キャラクターにちなんで「モリコロパーク」とも呼ばれています。
展望台、遊歩道は博覧会の時に使われていたものが一部残されています。

広い芝生スペース、遊具コーナー、温水プール、スケート場、イベント広場、屋内プレイスペース、フィールドセンター、大観覧車、サイクリングなど様々な体験ができます。
愛知県最大級の公園で、楽しみ満載の公園の1つとして人気の場所です。
天気の良い日にお弁当を持って家族でお出かけするのにおすすめのスポットです。

一番の見どころは地球博のときにも大人気だった「サツキとメイの家」。
有名な映画「となりのトトロ」の世界を再現した家で、今も大人気となっています。
観覧するには、事前予約が必要です。

当日券も多少ありますが、すぐに売り切れてしまいます。
観覧料は大人510円、4才以上(中学生以下)250円です。
博覧会のときに見られなかった人で、今やっと見られたという人も多いと思います。

家族でサイクリングをするのもおすすめです。
全長5.1kmのコース、自然の中の景色のいい道を快適に走ることができるコースです。
途中3ケ所ほど休憩スポットもあるため、自分たちのペースで楽しむことができます。
レンタサイクルもあり1周100円で利用できます。

プールにお出かけしたいときには、「温水プール」もあります。
流水プール、25mプール、スライダー、ちびっこプールなどがあります。
小さい子供、小学生以上の子供がいる家族それぞれ楽しめるプールとなっています。

屋内のアイススケート場もあります。
1年中営業しているためいつでもスケートができます。

リニア鉄道館

東海地方に本格的な鉄道館として2011年にオープンした「リニア鉄道館」。

今までの鉄道館は埼玉、大阪にあったのですが、東海地方に進出しました。
pag_ttl
JR東海が運営する施設で、東海道新幹線、リニア、JR在来線など実物の車両を実際に見ることができます。
実際に運転手体験ができるコーナーなどもあり人気のお出かけスポットとなっています。

オープン当初は多くの家族連れでにぎわい、入場するのにも何時間待ちとなるほどの人気ぶりでした。
今でも休日には鉄道好きな人、子供連れの家族など多くの人が訪れる人気のお出かけスポットとなっています。

アクセス・・・名古屋市港区の金城埠頭にあります。
電車の場合、名古屋駅から地下鉄あおなみ線に乗って24分、金城埠頭駅で下車して徒歩2分です。

開館時間・・・10時から17時30分まで、最終入館は閉館の30分前まで。

休業日・・・毎週火曜日、年末年始。

入館料・・・大人1,000円、小学生から高校生500円、3歳以上未就学児200円。

見どころ・・・
(1)日本最大級の鉄道ジオラマ。

(2)体験シミュレータ 新幹線の運転シミュレータ、在来線の運転シミュレータ、在来線の車掌体験。

それぞれ開催毎に抽選となります。

抽選は、入館と共に入口に設置されている抽選箱に、入場券についている番号札を入れて行います。
入館したら忘れずに応募するようにしましょう。

新幹線のシミュレータは、1日30名しかできないためかなり倍率が高いのですが、在来線はなんとか当たる可能性もあるためぜひ応募しておくといいでしょう。
(3)リニア展示室。
(4)映像シアター。
(5)お土産コーナー。

様々な展示を見て、鉄道、新幹線の歴史を楽しく家族で学べる場所です。

家族で夏休みに行ってみたい東海地方のおすすめスポットいかがでしたでしょうか?
お盆期間中はどこも込み合います。お父さんやお母さんのお休みにもよりますが、
お盆期間をちょっと外せば、込み具合も軽減されてよいリフレッシュを兼ねたレジャーになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>