顔の見えない恋 -第三話ー

二人の間に沈黙が支配し始めた・・・ 二人は無言でしばらく宛もなく歩いた。沈黙が重苦しいのか麗奈から口を開いた。 「わたしね、会社の先輩に付き合ってくれないかって言われてるの。」 「あなたもはっきりしないし、わたしももうそ […]

Continue Reading....

顔の見えない恋 -第二話-

朝を迎えた。気怠い朝だ。 雄也はまだ意識が朦朧としているが携帯を手探りで手に取った。 LINEを見て更に気怠くなった。 麗奈へ送ったメッセージが未読となっている。 「まだ見てないのか。いやわざとか?」 一昨日、いっしょに […]

Continue Reading....

顔の見えない恋 -第一話-

「体を重ねれば楽になれるのかな。」 麗奈は溜息交じりで小さく呟いた。 麗奈には雄也という付き合い始めて半年の彼がいる。   雄也は「俺は麗奈を好きだ」と言ってくれているが、彼の普段の優柔不断さから信じ切れていな […]

Continue Reading....

BAR Zephyr-inn

何か癒しを求めたい時にひとりで行くカウンターBar。 オーナーバーテンダーの心地よいシェイカーの音。 そして静かに聞こえてくるJAZZの音色。 暗めの照明がBarという特殊な空間を醸し出している。 軽めのカクテルを2杯ほ […]

Continue Reading....

会津珈琲紀行

午前中小雨が降る郡山で商談を済ませたわたしは、やや遅めのランチを駅近でとった。 土地勘もないことから、なんとなく選んだ店だ。めし屋にはあたり、はずれがあるがここははずれに近い。 食後のコーヒーもいつ淹れたのか煮詰まってい […]

Continue Reading....